腹筋を割りたければ、腹筋は鍛えるな

筋トレ
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、AJです。腹筋を割るために、必死に腹筋を鍛えてませんか?実は腹筋を割りたいのであれば、腹筋を鍛えようとすることは間違いです。

腹筋が割れるメカニズム

腹筋はもともと6つに割れている

多くの人が憧れるようなシックスパックもともと6つに割れています。これはスポーツ選手でも、腹が出ているおっさんでも同じです。ということは、割れて見えるのは筋肉がすごいのではなく、体脂肪率が低いからなのです。どんなに腹筋を鍛えていても、その上にある脂肪が多ければ割れているようには見えません。逆に筋肉を鍛えていなくても、脂肪が少なければ腹筋は割れて見えます。

腹筋運動と脂肪燃焼は全く関係ない

ということは、腹筋を割るために必要なことは腹筋を鍛えることではなく、脂肪を燃焼させることなのです。にもかかわらず、腹筋を割るために、必死に腹筋を鍛えようとする人がいます。腹筋トレーニングは腹筋自体を大きくさせることはできますが、大きな筋肉ではないので、脂肪を燃焼させることには役立ちません。なので、腹筋を割るために腹筋を鍛えるのは非効率なことなのです。

腹筋を割るには

とにかく、脂肪を燃焼させる

割れた腹筋を手に入れたいのであれば、とにかく脂肪を燃焼させることが最優先です。具体的に何をすればいいのかというと、腹筋ではなく全身の筋トレです。特に脚、胸、背中といった、全身の中で比較的大きな筋肉です。これらの筋肉は鍛えられると代謝が上がり、脂肪が燃焼されやすくなるからです。また、これらの部位を鍛える種目ではかなり腹筋が使われているので、同時に腹筋を鍛えることもできます。

バキバキのシックスパックが欲しければ、腹筋トレーニングは必要

もしバキバキのシックスパックが欲しければ、上記のトレーニングを土台にして、さらに腹筋トレーニングを行うといいでしょう。クランチや、アブローラーを使ったトレーニングがおすすめです。

最後に:そもそも、バキバキの腹筋を手に入れてどうするの?

そもそも、腹筋をバキバキに割る必要が本当にあるのでしょうか?夏に海で遊ぶならまだしも、日常生活で、そこまで腹筋を見せるシーンはあるのでしょうか?単純に鍛えてかっこいい体を手に入れたいのであれば、腹筋ばかり鍛えるよりも、脚・胸・背中を中心としたトレーニングに力を入れる方が得策でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました