筋トレを2年継続して感じた変化、メリット・デメリットをまとめてみた

筋トレ
この記事は約3分で読めます。

こんにちは。AJです。

筋トレを始めてから2年ぐらいが経ちました。「ベンチプレスって何?」ていうレベルから始めた筋トレでしたが、2年も継続するとそこそこの重量も上げられるようになり、筋トレライフを楽しめるようになってきました。

今回はそんな筋トレを続けてきて感じた変化、メリット・デメリットをざっくりまとめてみました。

メリット

体がかっこよくなった

当たり前ですが、筋肉がつくことで体はかっこよくなりました。筋トレの場合正しい努力を継続すれば、必ず効果を実感できるようになるので、率直に言って楽しいです。ただし、最低でも3ヶ月は継続しないと変化を実感しにくいと思います。

自信がついた

筋肉がついてくると、姿勢も良くなるし、男としての自信も生まれてきます。やっぱり肉体と精神て繋がってるんだなあ、と思います。それ以上に、筋トレを継続することができた、という精神的な自信ができます。

メンタルが強くなる

筋トレはほぼメンタルトレーニングと言っても過言ではないと思います。正しいフォーム、理論を知っていることは大事ですが、やはり最後の1回を上げよう!という気持ちが一番大事だと思います。筋トレでは肉体だけでなく精神も鍛えられます。

食習慣が改善される

筋トレにおいて、食事はある意味トレーニングよりも大事です。というか、食事もトレーニングの一つです。いくらトレーニングを頑張っても、タンパク質、ビタミンなどの栄養を摂らなければ筋肉はつきません。また酒やタバコ、糖分など体に悪い食べ物には気を遣うようになるので、結果健康になります。

ストレス解消になる

何か嫌なことがあって、精神的なストレスを抱えている時に筋トレはおすすめです。トレーニングに必死になると、嫌なことを思い出す余裕がなくなるからです。またストレス発散にもなるので、一石二鳥です。

モテるようになった(気がする)

筋トレを始めるとすぐにモテるようになる、というのは嘘だと思いますが、鍛え上げられた筋肉から生まれてくる自信やオーラが、女性からは頼りがいがあるように見えるんだと思います。僕も筋トレを始めてからモテるようになった(ような気がします)。

恋人がいなくても寂しくなくなった2

彼女がいなくても寂しくなくなりました。それよりもダンベルを握れなくなることの方が怖くなりました。

デメリット

生活の中で筋トレを優先するようになる

筋トレにハマると、生活の中で仕事や遊びよりもトレーニングを優先するようになります。ただ、その分ダラダラと時間を過ごすことがなくなり、オンとオフの切り替えをハッキリさせることができたので、結果的に良かったのかもしれません。

食事が楽しめなくなった

体のことを気にするようになると、食事を選ぶ基準が”美味しいかどうか”ではなく、 ”体にいいかどうか”になってきます。ただ、あまり気にし過ぎるのも良くないと思います。

お金がかかる

主にジム代、プロテイン代、その他サプリメント・食事代等で月に1〜3万円かかります。ただ、好きなことなのでしょうがないです。

筋トレできない期間が続くと不安になる

イレギュラーな予定、旅行などで1週間以上筋トレをしてない期間が空くと、とんでもなく不安になってきます。僕の場合、2週間以上空けると上げる重量が下がったり、感覚が鈍くなるのでなるべくそれ以上空けないようにしています。

まとめ

総合的に見ると、メリットの方が大きいのかなと思います。デメリットもありますが、プロでない限り、完璧主義をやめて、筋トレと上手く付き合うようになればそこまで気にならないと思います。2週間空いてしまってもまたやり直せばいいや、くらいの気持ちでいると楽です。

【結論】

メリットの方が大きい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました