【悲報】瞬間英作文をやっても英語は話せるようになりませんよ

英語
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、AJです。今回は、自身の経験も踏まえて、瞬間英作文て効果ありそうに見えて実はあんまり意味ないですよ、ていうのをお伝えしたいと思います。※この記事は、完全に個人の見解です。これと真逆の内容の記事も見て、自分なりに考えて行動してもらえると嬉しいです。

瞬間英作文で身に付くとされるスキル

瞬発力

瞬間英作文で一番効果があると言われているのが、瞬発力です。英語がとっさに口から出ないというのは、瞬発力が足りないから、瞬発力を鍛えよう、ていう訳です。ここで疑問なのは、瞬発力の定義です。

文法

S+V+Oなどの、基本的な文法を勉強するという目的で使うのはいいと思います。ただ、大学受験で英語を勉強した人なら普通に理解できるレベルです。

リスニング力

流石に瞬間英作文でリスニング力はそれほど身に付かないと思います。英語に今までほとんど触れたことがない、という人には効果があるかもしれませんが。

なぜ皆瞬間英作文は人気なのか?

いきなり英会話で失敗するのが怖い、準備したい

おそらくほとんどの人が考えているのは、いきなり話すのは怖い、話せる訳ないから簡単なものから徐々にトレーニングして力をつけてから実践しよう、的なことだと思います。その気持ち、すごく分かるのですが、ハッキリ言って甘いです。話せるようになりたいのであれば、いきなり話す環境に入れば、失敗しながらも確実に成長します。

有名だし、 Amazonで人気あるし、なんか効果ありそう

これも人気の理由の一つなのでしょう。英語を話せるようになりたいけど、何か効率的なトレーニング方法を探そうとすると必ずヒットします。瞬間英作文の理論て、すごい説得力のある理論ぽく聞こえますし。

瞬間英作文で英語話せるようにはならない理由

日本語を介在させている

瞬間英作文で問題なのは、日本語を介在させてしまっている点です。瞬間英作文のプロセスは「日本語→英語」のプロセスですが、実際にスピーキングで必要なのは「言いたいこと→そのまま英語」です。わざわざ日本語で考えて、それを英語に訳して、なんてことはしないのです。英語で考えて、英語でそのまま口に出す、というのが実際のスピーキングのプロセスです。

最初はキツイのですが、それでもこっちが最短ルートであることに変わりはないです。

使われている英語なんか実際に使わない

瞬間英作文で使われている文て、そんなに実用的じゃありません。それを繰り返しやったところで、実戦で使えなければ意味がないのです。

結局は暗記になってしまっている

結局、瞬間英作文は暗記になってしまいます。暗記をしないで何回もやる、というのがコツらしいですが、何回もすると流石に覚えてしまします。おそらく、無意識的に暗記しようとしています。それでは実戦でうまく話せる訳ないですよね。

では、何をすればいいのか

オンライン英会話

では何をすればいいのかというと、ズバリオンライン英会話です。別にオンライン英会話じゃなくても、仲のいい外国人を作るでも、シェアハウスでもいいです。要は、英語を話す環境に身を置くことです。これが一番大事です。どんなに評判のいい方法で練習しても、実際に話さないと絶対に話せるようにはならないのです。なので、勇気を出して話すことから初めてみてはいかがでしょうか。

パターン集

インプットする素材としては、パターン集がおすすめです。僕が使っていたのは、〜と〜です。この2冊に載っている構文を使えば、日常で言いたいことの9割は表現できるようになります。細かい動詞や名刺の単語なんかは、わからなければその都度覚えればいいのです。使うかわからない単語を一生懸命勉強するより、よほど効率的だと思います。

まとめ

まとめとして言いたいのは、瞬間英作文は全く効果がないと言っている訳ではありません。やることで、少しは前に進むでしょう。ただ、もっと最短で効率的な方法があるよ、というのを言いたかっただけです。ただ、それにはちょっとした勇気がいります。なので、勇気を持って一度チャレンジして欲しいのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました